医薬品の通販(個人輸入代行)なら、『あんしん通販薬局』

避妊薬(ピル)とは

様々な種類の避妊薬(ピル)

避妊薬(ピル)は、アメリカで開発された医薬品です。
世界中の多くの女性が服用していますが、日本では未だに普及率はよくないのが現状です。
ピルは避妊薬として1960年代にアメリカで開発されました。しかしそれから日本で認可されたのは1999年のことで、開発から30年ほど期間が空いています。
現在でも日本での普及率はアメリカやイギリスに比べ低いですが、正しい方法で服用を続けていれば避妊薬としてのピルは高い確率で効果を示します。
さらにその後2008年には生理時に起こるひどい下腹部痛、腰痛、頭痛などの月経困難症の治療薬としても認可されました。
このようにピルは一つの医薬品でありながらいくつもの効果を示すため、世界中で多くの女性に愛されているのです。
ピルを服用して、男性任せにしていた避妊への考えを改め、健全な女性を目指しましょう。

低用量経口避妊薬(低用量ピル)について

ピルを経口服用する女性

ピルの中にもいくつか種類があります。中でも低用量経口避妊薬(低用量ピル)は、服用者が多くピルの中では最もメジャーであるといえます。
ピルは高用量・中用量・低用量とありますが、これは含まれるホルモンの量を指しています。このうち、一般的な避妊や生理痛軽減などで処方されてるのが、低用量のピルです。
低用量ピルは毎日決まった時間に服用するという手間がありますが、用量が少なくても効果がある上に他の用量のピルに比べ副作用が少なく、よく用いられます。

ピルは「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」という2つの女性ホルモンが含まれた薬です。
この女性ホルモンを外部から取り入れることで体内の女性ホルモンのバランスを正常に保ちます。
低用量ピルは、この卵胞ホルモン(エストロゲン)の量が50μg未満のものを言います。

低用量ピルは基本的に21錠=1シートで構成されています。
しかし毎日忘れずに服用することが必要なので「飲み忘れ」を防ぐために7錠のプラセボ錠が含まれた全28錠のシートもあります。

低用量経口避妊薬(低用量ピル)の効果と副作用をチェック

効果
  • 避妊ができる
  • 生理痛が軽減する
  • 生理日が安定する(生理不順の改善)
  • PMS(月経前症候群)の改善
副作用
  • 頭痛や吐き気、倦怠感
  • 気分が憂鬱になる
  • 不正出血が起きる
  • むくみ

※低用量ピルの場合、最初は副作用を感じますが服用を重ねていくと副作用は徐々に収まっていきます。

このように、避妊のみならず女性にとって嬉しい効果がいくつもあります。
副作用としてはよく「太る」などの情報を耳にしますが、医学的な根拠はありません。
また、大体の副作用は服用を続けるうちに収まりますが、喫煙などが関係している副作用もあるので服用の際は禁煙を推奨します。

ピルの種類

ピルにはいくつかの種類があります。
含まれるホルモン剤の違いなどで分類されています。

第1世代ピル(シンフェーズなど)
一番初めに開発された最も長く使われているピルです。
黄体ホルモン(プロゲステロン)が最も多く含まれています。
第2世代ピル(トリキュラーなど)
日本でも服用している人が多いのがこの第2世代です。
含まれる黄体ホルモン剤はレボノルゲストレルというもので、日本では人気が高く病院でも処方されているピルなので安全性も確かです。しかし、稀に血栓疾患の症状を悪化させることがあります。
第3世代ピル(マーベロンなど)
デソゲストレルという黄体ホルモン剤が含まれており、不正出血などを起こしにくいとされています。
第4世代ピル(ヤスミンなど)
超低用量ピルと呼ばれる第4世代は、卵胞ホルモン(エストロゲン)の量が30μg未満に抑えられました。
ホルモン用量が低く副作用が出にくい特徴があります。

生理痛を軽減したいならピルを服用

低用量経口避妊薬(低用量ピル)などの、ピルの服用は生理痛軽減にもなります
生理痛は人によって症状やその重さも違います。さらに、生理痛の原因もさまざまです。
生理痛を引き起こす原因は大きく分けて下記の4つに分かれます。

  • ストレスや不規則な生活
  • 身体の冷え
  • 子宮口の狭さ
  • ホルモンバランスの崩れ

この4つのうち、「ストレスや不規則な生活」と「身体の冷え」は女性自ら日常生活で気を使うだけで解消される場合が多いです。
ストレスを解消できるような趣味や運動を行うこと、また身体の冷えは血行が悪くなることで生理痛が起こります。
そのため短いスカートなどで受ける外的寒さから身を守り、一日の終わりにはゆっくりとお風呂に入る、といったことで生理痛を解消できます。
また「子宮口の狭さ」は出産経験がない女性に見られる原因で、出産を経験することで解消する場合があります。
そしてこの中で最もピルが効果を示すものは「ホルモンバランスの崩れ」です。
ホルモンバランスは個人の意思などで整えることは難しいため、ピルの服用が一番の解決策と言えるでしょう。
生理痛に関係のあるホルモンバランスの崩れは、具体的に言うと「プロスタグランジン」というホルモンが過剰に生成されることを言います。
このプロスタグランジンが過剰に生成されてしまうと、生理中の子宮の収縮が強まり、生理痛が起こります。

先述した通り、ピルは「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」という2つの女性ホルモンが含まれた薬です。
そのピルを服用することで体内の女性ホルモンのバランスを正常に保ち、プロスタグランジンの過剰生成も抑えることができるのです。

生理周期を変更したいときの飲み方

基本的に生理予定日の変更には中用量ピルが用いられます。しかし服用方法を工夫するだけで低用量経口避妊薬(低用量ピル)でも生理日の変更が可能です。
特に生理日を早める方法は簡単で、通常21錠服用する必要のあるピルですが、21錠のうち服用する錠数を減らすと、減らした錠数分生理が早まります。

(例)
21錠中20錠服用した時点で服用を休止→生理日が1日早まる
21錠中15錠服用した時点で服用を休止→生理日が6日早まる
このように自分で生理日の調整をすることが出来ます。

しかし、早めたい日数が8日以上(服用する錠数が13錠以下)の場合は別の方法になりますので注意してください。
上記でご紹介したものは最も簡単な生理日調整の方法です。

緊急避妊薬(アフターピル)を服用するとなにが起こるの?

緊急避妊薬(アフターピル)について考えるカップル

緊急避妊薬(アフターピル)は、避妊に失敗した後など、性行為の後に服用するピルです。
一般的な低用量ピルとの違いは、含まれるホルモン剤の量が多いことや、毎日の服用ではなく緊急時のみに服用することです。

緊急避妊薬(アフターピル)の服用が体内でどのような影響をもたらすのかを知るにあたり、まずは妊娠というものについて知っておく必要があります。
男性の体内で作られた精子は女性の卵管で卵子と結合し、受精卵となります。
その受精卵は時間をかけ子宮に到達し、子宮内膜に着床します。
そしてそこで受精卵が育つこと、それを「妊娠」と呼びます。

望まない妊娠をした場合、緊急避妊薬(アフターピル)を服用することによって、子宮に到達した受精卵が着床するのを防ぎます。
緊急避妊薬(アフターピル)を服用すると数日で生理がきます。
この生理を無理やり起こすことで子宮内膜が剥がれ落ち、着床を防ぐことができるのです。

緊急避妊薬(アフターピル)を通販で購入する

緊急避妊薬(アフターピル)はネット通販で購入することが可能ですが、その場合気をつけなければいけないことがあります。
それは服用のタイミングです。
一般的に緊急避妊薬(アフターピル)は望まない妊娠の可能性がある性行為をしたあと、72時間以内に服用をしなければいけないのです。

ネット通販は郵送時間の関係があり72時間以内に到着するのか不安な場合、病院で処方してもらうことをおすすめします。
また、性行為後72時間以内であれば避妊効果を発揮することができますが、早ければ早いほど確実な効果が出るので、その点においても考慮した上でネット通販を利用しましょう。

緊急避妊薬(アフターピル)をネット通販で購入する場合は、お守り代わりとして持ち歩く女性が多いです。
望まない妊娠をしてしまうリスクを考えると、自分の身をしっかりと守る女性としてとても立派なことです。

望まない妊娠と人工妊娠中絶について

望まない妊娠や人工妊娠中絶を経験された方の中で、同じ過ちを繰り返してはいけない、と避妊薬(ピル)を服用し始めるケースがあります。もちろん、同じ過ちを繰り返さないのは大切なことですが、一度もそのような経験をしないのが女性にとってはベストです。そのためにはまず、避妊をしっかりと行い、自分の身は自分で守るということが重要です。避妊の方法として現在の日本で一番ポピュラーなのは、男性器にコンドームを装着する方法です。コンドームの利点としては、リーズナブルで薬局でもすぐに購入できる点と、同時に性病などの感染症のリスクを下げることも出来るという点です。しかしコンドームにも欠点があります。その一番の欠点とも言えるのが、コンドームは破けてしまう場合があるということです。コンドームが破けてしまっては、精液が女性の体内に漏れ出してしまい、結果的にコンドームをつけていても望まない妊娠をしてしまうケースがあります。

女性の体内に漏れ出してしまい、結果的にコンドームをつけていても望まない妊娠をしてしまうケースがあります。
そこで、望まない妊娠をしてしまった場合に「人工妊娠中絶」という選択肢があります。人工妊娠中絶とは、一般的に「中絶」、「堕胎」などとも呼ばれ、簡単に言うと「赤ちゃんを堕ろす」ということです。人工妊娠中絶には費用や世間体の問題だけでなく、当事者である女性にはその罪悪感や悲しみが引き起こす精神的な問題も大きく関わってきます。
そんな人工妊娠中絶を経験しないために避妊が必要なのです。先程も述べたようにコンドームによる避妊には予期せぬ失敗が起きることがあります。そこで、避妊には低用量経口避妊薬(低用量ピル)や緊急避妊薬(アフターピル)の避妊薬(ピル)の服用が効果的です。どちらも用法用量を守って服用すればコンドーム以上に高い確率で避妊が出来ます

おすすめ特集へ戻る
コンビニ決済で後払い
電話注文も承っております 050-3187-9446 受付:平日11時~18時(土日祝除く)
オススメ特集一覧

昨日から現在までの注文数

1
2
6
4
112.44 円(1US$)
商品メニュー