医薬品の通販(個人輸入代行)なら、『あんしん通販薬局』

ジェネリック薬について

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間満了後、同じ安全性、成分、投与量、品質で作られた医薬品の事です。

医薬品の開発には巨額の費用(300億円以上)、膨大な期間(9~17年ほど)が必要となります。
そのため、特許を取得し開発した製薬会社のみが製造、独占的に高額で新薬を販売し、巨額な開発費などを回収します。

しかし、特許期間が終了してからは、他の製薬会社も同じ方法で同じ薬を製造する事ができます。

この後発医薬品の事をジェネリック薬と呼びます。

ジェネリック薬は1億円程度と新薬の300億円と比べ開発費用が比較にならない程安価な分、価格を安くする事が可能となり、患者負担額の軽減のために厚生労働省により推奨されています。

ジェネリック医薬品の普及率 国別比較表

最新のジェネリック薬について

日本などでは特許期間中でジェネリック薬が出せない医薬品であっても法律の異なるインドであれば合法的にジェネリック医薬品を製造することが出来ます。

医薬品の特許は大きく分けて2つあります。
まず1つ目は成分特許。文字通り、成分を対象とした特許です。
ED治療薬で有名なバイアグラはクエン酸シルデナフィル(Sildenafil citrate)を成分としています。

バイアグラの製薬会社であるファイザー社がこのクエン酸シルデナフィルの特許を出せば、他の会社はED治療に効果のあるクエン酸シルデナフィルを製造することができなくなります。

そして2つ目は製造方法特許。
Aという原料とBという原料を配合することによりCという医薬品ができる場合、原料Aと原料Bを配合するという製造過程に特許を出せば、他の会社は原料Aと原料Bを配合するという工程ができなくなります。

しかしインドでは、1つ目の成分特許が存在しません。
つまり、製造さえ異なれば自由にジェネリック薬を製造できるのです。

このようにして非常に高額になっている特許医薬品を安価な最新のジェネリック医薬品として販売し、世界数十ヶ国の人々に愛用されています。

ジェネリック医薬品の費用

下の表では当店取扱商品の一部をご案内しています。
純正品とジェネリック医薬品では全く同じ成分でありながら、価格は1/3ほどとなっています。

また、純正品では特許により1社が独占していますが、ジェネリック医薬品では複数の会社が製造していますので、ご自身の体に合った医薬品を選ぶこともできます。

※価格は1箱単位購入時の1錠あたりの販売価格です。数箱セットで購入すれば更に安価になります。

ED治療薬
  純正品 ジェネリック医薬品
成分 製品名 製薬会社 価格 製品名 製薬会社 価格
クエン酸シルデナフィル
(Sildenafil Crtrate)
50mg含有
バイアグラ
Viagra
バイアグラ
ファイザー社
phizer社
1,395円 カマグラ
Kamagra
カマグラ
アジャンタファーマ 420円
カベルタ
Caverta
カベルタ
ランパクシー 372円
シラグラ
Siragra
シラグラ
シプラ 445円
バルデナフィル
(Vardenafil)
10mg含有
レビトラ
Levitra
レビトラ
バイエル社 1,370円 サビトラ
Savitra
サビトラ
サバメディカ 448円
タダラフィル
(Tadalafil)
20mg含有
シアリス
Cialis
シアリス
イーライリリー社
Eli Lilly社
1,720円 エキシラー
Exilar
エキシラー
サバメディカ 495円
メガリス
Megalis
メガリス
マクレオーズ 645円
タダシップ
Tadacip
タダシップ
シプラ 470円
アプカリス
Apcalis
アプカリス
アジャンタファーマ 545円
フォーゼスト
Forzest
フォーゼスト
ランパクシー 995円

ジェネリック医薬品への不安

ジェネリック医薬品の中には、添加物などが純正品と100%同一の成分配合でないものもあります。
しかし添加物の違いによって薬自体の有効性や安全性に違いが生じない場合は、ジェネリック医薬品として厚生労働省により認められます。
また、ジェネリック医薬品は厳しい審査と経て認可された純正品と同一成分・同一効能であるため、世界標準として認められている医薬品です。

お問い合わせ

「よくあるご質問」をご用意しておりますので、お問い合わせの前にぜひご覧ください。

商品メニュー