医薬品の通販(個人輸入代行)なら、『あんしん通販薬局』

アレニル5mg(アレロックジェネリック)

写真に関する注意事項

写真はイメージです。製薬会社の都合により、実際に届く商品とイメージ(パッケージデザイン等)が異なる場合が御座います。 また、シートごとや小分け包装でのお届けとなる場合がありますので予めご了承下さい。 薬効・品質に差異はございませんのでご安心下さい。

  • アレニル5mg(アレロックジェネリック)錠剤のサムネイル
  • アレニル5mg(アレロックジェネリック)開封のサムネイル
  • アレニル5mg(アレロックジェネリック)PTP包装表のサムネイル
  • アレニル5mg(アレロックジェネリック)PTP包装裏のサムネイル
  • アレニル5mg(アレロックジェネリック)錠剤のサムネイル
内容量
1箱に100錠 ×  1箱
製薬会社
トレントファーマ
発送国
シンガポール
口コミ
0
評価
3点★★★☆☆
5%還元184ポイント
販売価格3,680円
在庫切れ

アレニル5mgは花粉症やアレルギー反応による鼻水やくしゃみ、皮膚のかゆみなどの症状を抑える抗アレルギー薬です。アレロックのジェネリック医薬品となっており、アレルギーの原因と言われるヒスタミンをブロックする作用があります。
ヒスタミンは、赤身魚や発酵食品などの食物から取り込まれるほか、体内の肥満細胞で作られ、細胞内の顆粒に蓄えられています。体内でアレルギー反応が始まるとこのヒスタミンなどが放出されるようになっており、ある種の受容体と結合して様々なアレルギー症状を引き起こします。
アレニル5mgの有効成分であるオロパタジン塩酸塩には抗ヒスタミン作用があり、ヒスタミンや他の化学伝達物質の遊離を抑制することでアレルギー症状を鎮め、花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎やハウスダストで起こる通年性アレルギー性鼻炎、じんましん、湿疹、皮膚のかゆみなどを改善します。ただし、対症療法薬ですから、アレルギー自体を治す薬ではありません。なお、服用量については基本的には1日2回、朝と就寝前に1錠ずつお水で服用しますが、年齢によっては服用量を調整していただく必要があります。
また、即効性のある薬ですが、充分な効果が得られるまでに数日かかることもあります。そのため、花粉症に対して使用する場合は、花粉の飛び始める前から服用を開始することもあります。

まとめ買い割引

まとめ買いで大幅割引
  通常価格 販売価格   1錠 1箱
アレニル5mg(アレロックジェネリック)
単品
3,680円 在庫切れ 36円 3,680円
7,360円 6,072円 在庫切れ 30円 3,036円
11,040円 8,335円 在庫切れ 27円 2,778円
18,400円 12,720円 在庫切れ 25円 2,544円
25,760円 17,240円 在庫切れ 24円 2,462円

アレニル5mg(アレロックジェネリック)の効果効能

アレニル5mgは、アレロックと呼ばれる抗ヒスタミン薬のジェネリック医薬品で、有効成分はオロパタジン塩酸塩です。アレルギーの原因物質であるヒスタミンをブロックすることで様々なアレルギー反応を抑制する効果効能があります。
ヒスタミンは通常、食事と共に体内に取り込まれたり、体内で生成されて細胞に蓄積される物質となっています。しかし、アレルギーの原因である抗原からの刺激が起きると、ヒスタミンなどの免疫系の細胞から化学伝達物質が放出されて蕁麻疹、湿疹、皮膚のかゆみ、アレルギー性鼻炎による鼻水、くしゃみといった症状を引き起こしてしまうのです。そんなヒスタミンの働きを抑制し、放出を抑えてくれるのが、アレニル5mgとなっています。さらに、アレニル5mgはヒスタミン以外にもロイコトリエンなどのヒスタミンと同じくアレルギーに関係している化学伝達物質の遊離を抑える作用も持ち合わせています。花粉症の方は、花粉の飛散が始まる前からアレニル5mgの服用を始めると効果が期待できるでしょう。
なお、アレニル5mg自体にはアレルギーを治療する効果はありません。一時的に症状を抑える対処療法薬としてご活用ください。

アレニル5mg(アレロックジェネリック)の主成分・有効成分

オロパタジン塩酸塩(Olopatadine Hydrochloride)

アレニル5mg(アレロックジェネリック)の使用方法

アレニル5mgの使用方法について、成人の方が服用する場合には朝と就寝前に1錠ずつ経口服用するようにしましょう。また、7歳以上の小児が服用する場合も同様となっています。2歳以上7歳未満の小児の場合は、1錠をピルカッターなどで半分にして朝と就寝前に2.5mgずつ服用するようにしてください。
なお、高齢者がアレニル5mgを服用する場合は、生理機能が低下していることが多いことから副作用が発現しやすくなっています。こちらもピルカッターなどで錠剤を砕き、低用量で慎重に服用してください。
また、新生児や乳児、幼児が服用する場合は必ずアレニル5mgを服用する前に医師へ相談をし、指示があった場合のみ自己責任で適量を投与してください。

関連商品

アレニル5mg(アレロックジェネリック)の副作用

アレニル5mgの副作用としては眠気、倦怠感、頭痛、腹痛、動悸、発疹、肝機能値の異常、吐き気などがあげられます。また、滅多にありませんが重い副作用として、食欲不振、発熱、発疹、かゆみ、尿が茶褐色になる、白目や皮膚の色が黄色みを帯びるなどの肝臓に対しての重い症状が出る場合があります。
アレニル5mg自体は抗ヒスタミン薬の中でも副作用が少ないとされていますが、服用後に異常を感じた場合は速やかに服用を止めて、症状によっては医師の診断を受けるようにしてください。また、重い副作用が出ること自体が少ないとはいえ、長期的にアレニル5mgを服用する場合には安全のため、肝機能検査を定期的に受診されることをおすすめしております。

アレニル5mg(アレロックジェネリック)の使用上の注意

アレニル5mgの注意事項として、腎臓の機能が低下している方は高い血中濃度が持続するおそれがあるため使用しないでください。また肝臓の機能に障害がある人は肝機能障害が悪化するおそれがあるため使用しないでください。また高齢者の方は、生理機能が低下していることが多く、副作用が発現しやすいため低用量から服用を開始するなど状態を観察しながら慎重に服用しましょう。
妊娠もしくは妊娠している可能性のある方は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用することが推奨されているほか、授乳中の場合も基本的にはアレニル5mgの服用を避けてください。やむを得ずアレニル5mgを服用する必要がある場合には、服用期間中の授乳は必ず中止するようにしてください。

アレニル5mg(アレロックジェネリック)の併用注意・禁忌

アレルギー性鼻炎などの症状がある時に効果があるとされるアレニル5mgですが、効果的な反面服用する時には注意しなければいけない事があります。特に併用注意や禁忌について説明します。まず特に注意しなければならないのは今までにアレニル5mgを含めた同成分の薬を服用した時に過敏症の症状が出てしまった方は服用してはいけません。また、その他にも腎臓や肝臓といった臓器の機能が低下している人や副腎皮質ホルモンを使用した治療を受けている方は服用を控えた方がいいと言われています。他の薬との併用については今のところ危険性は無いと言われていますが、アレルギーや持病のある方、常用薬がある方がアレニル5mgを服用される場合は、念のため事前に医師へ相談されると安心です。

口コミ評判の新着一覧

現在、口コミ評判の書き込みはありません。

コンビニ決済で後払い
電話注文も承っております 050-3187-9446 受付:平日11時~18時(土日祝除く)
オススメ特集一覧

昨日から現在までの注文数

1
2
6
4
112.44 円(1US$)

最近チェックした商品

履歴から、あなたにオススメの商品