医薬品の通販(個人輸入代行)なら、『あんしん通販薬局』

イタスポール(イトリゾールジェネリック)

写真に関する注意事項

写真はイメージです。製薬会社の都合により、実際に届く商品とイメージ(パッケージデザイン等)が異なる場合が御座います。 また、シートごとや小分け包装でのお届けとなる場合がありますので予めご了承下さい。 薬効・品質に差異はございませんのでご安心下さい。

  • イタスポール(イトリゾールジェネリック)カプセルのサムネイル
  • イタスポール(イトリゾールジェネリック)開封のサムネイル
  • イタスポール(イトリゾールジェネリック)中身のサムネイル
  • イタスポール(イトリゾールジェネリック)パウチ包装表のサムネイル
  • イタスポール(イトリゾールジェネリック)パウチ包装裏のサムネイル
  • イタスポール(イトリゾールジェネリック)カプセルのサムネイル
内容量
1箱に16カプセル ×  1箱
製薬会社
インタス
発送国
シンガポール
口コミ
0
評価
3点★★★☆☆
5%還元399ポイント
販売価格7,980円
数量

イタスポールは真菌が原因となる症状を治療する抗真菌薬であり、イトリゾールのジェネリック医薬品になります。
先発医薬品のイトリゾールと同じ成分(イトラコナゾール)を含んでいるため、同等の治療効果を得ることにより水虫やカンジダ症、アスペルギルスなどの真菌の増殖を抑え、死滅させることができます。
このイタスポールは製薬会社であるインタス社が製造販売を行っています。

真菌とはカビの仲間のことを専門的に呼んだ名称になりますが、水虫やカンジダ症もこの真菌が原因となり発症します。
一般的に水虫の治療には液剤や軟膏などの外用薬が用いられますが、皮膚の奥深くにまで真菌が進行してしまっている場合や爪の中などは塗り薬だと有効成分が届きにくいため、治療が長引いたり効果が得られないことがあります。
また真菌症は水虫など体の表面に症状があらわれる他に、肝臓や肺など体内にまで感染を引き起こす場合もあります。このように体の内部に入り込む真菌症は深在性真菌症(内臓真菌症)と呼ばれ、抵抗力の落ちている人が重症化しやすいです。

爪水虫や深在性真菌症など外用薬では治療が困難な症状に対して、イタスポールはカプセルタイプの内服薬となるため、有効成分が体内から直接感染幹部へ届くことで治療効果を得ることができます。

抗真菌薬の中でもイタスポールはアゾール系の抗真菌薬に属しており、抗真菌活性が強いことと抗真菌スペクトルが幅広く、カンジダ菌や白癬菌などのさまざまな真菌に対して殺菌的に作用することが特徴です。
また安全性の面でも他の抗真菌薬より副作用が少なく、安全に使用できるといった点もありますが、相互作用を起こしやすいので、服用する際は他の薬との飲み合わせに注意が必要にあります。

まとめ買い割引

まとめ買いで大幅割引
  通常価格 販売価格   1カプセル 1箱
イタスポール(イトリゾールジェネリック)
単品
7,980円
カゴへ
498円 7,980円
15,960円 13,167円
カゴへ
411円 6,583円
23,940円 18,075円
カゴへ
376円 6,025円
39,900円 27,583円
カゴへ
344円 5,516円
55,860円 37,384円
カゴへ
333円 5,340円

イタスポール(イトリゾールジェネリック)の効果効能

イタスポールに含まれているイトラコナゾールは、カビの仲間である「真菌」に効果を示す作用があり、このイタスポールを服用することで、真菌の細胞膜を合成できないようにし増殖を抑える効果があります。
真菌には細胞膜を構成する「エルゴステロール」という物質があります。動物でいうところのコレステロールと同様の働きをするのですが、このエルゴステロールを合成する過程で阻害できることにより、真菌の膜機能に障害をきたし、抗真菌薬の作用を果たします。

主に水虫の原因となる白癬菌(足白癬、手白癬、股部白癬、体部白癬など)や口腔カンジダ症、皮膚カンジダ症、カンジダ性毛瘡、慢性皮膚粘膜カンジダ症などの治療に用いられます。
足水虫など皮膚表面に症状があらわれる真菌症に対しては塗り薬でも治療が可能ですが、爪の中にできる爪水虫や体内部まで及んでいる内臓真菌症の場合は、塗り薬ではなく内服薬であるイタスポールが広く使用されます。

イタスポール(イトリゾールジェネリック)の主成分・有効成分

イトラコナゾール

イタスポール(イトリゾールジェネリック)の使用方法

各症状に関して、使用方法が異なってくるので下記を参考にして服用してください。

・内臓真菌症
1日1回、食事の直後に100~200mgを服用する。年齢や症状により適宜増減します。※注射剤から切り替える場合は、1日2回、1回200mgを服用する。

・深在性皮膚真菌症
1日1回、食事の直後に100~200mgを服用する。年齢や症状により適宜増減します。

・表在性皮膚真菌症(爪白癬以外)
1日1回、食事の直後に50~100mgを服用する。ただし爪カンジダ症に関しては、100mgを服用する。年齢や症状によって適宜増減します。

・爪白癬
まずは1週間、1日2回のペースで食事の直後に200mgを服用する。この後に3週間休薬の期間を設ける。これを1サイクルとして、3サイクル繰り返します。必要に応じて適宜減量します。

関連商品

イタスポール(イトリゾールジェネリック)の副作用

イタスポールは他の抗真菌薬と比べても比較的副作用が少なく安全性の高い医薬品になりますが、確認されている副作用としては下痢、めまい、頭痛、吐き気、胃の不調、発熱、食欲不振、かゆみなどの症状が挙げられます。

その他に重篤な副作用としては、間質性肺炎、肝障害、皮膚・粘膜障害などが報告されています。
また、心臓の弱い方や腎臓の悪い方が服用する際は、うっ血性心不全にも注意する必要があり、手足がむくみ始めたり、息苦しさを感じるなどの症状があらわれる可能性があります。
このような副作用はめったに起きないですが、念のため注意をしておき、気になる症状が起きた際はただちに服用を中止して、医師の方に相談するようにしてください。

イタスポール(イトリゾールジェネリック)の使用上の注意

イタスポールの有効成分であるイトラコナゾールに対してアレルギーをお持ちの方は使用しないでください。
妊婦、または妊娠している可能性のある方はイタスポールを服用することができません。

イタスポールの使用にあたり他の病気の治療を行っている場合、病気によってはその病状を悪化させる恐れがあります。特に肝臓や腎臓に障害がある方は慎重に使用しましょう。
高齢者の方は生理機能が低下していることが多く、副作用があらわれやすくなります。そのため消化器官などの副作用があらわれた場合は減量や休薬をするなどを行う、もしくは医師の診察を受けてください。
小児への投与に関しては、重症な感染症で治療の有益性が危険性を上回ると判断された場合にのみ服用してください。

イタスポール(イトリゾールジェネリック)の併用注意・禁忌

イタスポールは相互作用があらわれやすく、併用禁忌、もしくは併用注意の医薬品があるので注意してください。

エプレレノン、シサプリド、ピモジド、キニジン、テルフェナジン、ニソルジピン、トリアゾラムなどは本剤の効果を強める、また副作用が増強されるなどの可能性があることから、併用禁忌とされています。

併用注意としては、アルプラゾラム、ネビラピン、リファブチン、ニロチニブ、アピキサバンなどが挙げられます。

現在何らかの薬剤を使用中の方は必ず医師の診断を受けて併用の可否を問うようにしてください。
もし症状が悪化したり、長引くような副作用が出た場合には、ただちに本剤の使用を中止し医師の診察を受けるようにしてください。

口コミ評判の新着一覧

現在、口コミ評判の書き込みはありません。

コンビニ決済で後払い
電話注文も承っております 050-3187-9446 受付:平日11時~18時(土日祝除く)
オススメ特集一覧

昨日から現在までの注文数

1
2
6
4
112.44 円(1US$)

最近チェックした商品

履歴から、あなたにオススメの商品

商品メニュー