医薬品の通販(個人輸入代行)なら、『あんしん通販薬局』

バルクロビル500mg(バルトレックスジェネリック)2箱セット

写真に関する注意事項

写真はイメージです。製薬会社の都合により、実際に届く商品とイメージ(パッケージデザイン等)が異なる場合が御座います。 また、シートごとや小分け包装でのお届けとなる場合がありますので予めご了承下さい。 薬効・品質に差異はございませんのでご安心下さい。

  • バルクロビル500mg(バルトレックスジェネリック)2箱セット錠剤のサムネイル
  • バルクロビル500mg(バルトレックスジェネリック)2箱セット開封のサムネイル
  • バルクロビル500mg(バルトレックスジェネリック)2箱セット中身のサムネイル
  • バルクロビル500mg(バルトレックスジェネリック)2箱セットPTP包装表のサムネイル
  • バルクロビル500mg(バルトレックスジェネリック)2箱セットPTP包装裏のサムネイル
  • バルクロビル500mg(バルトレックスジェネリック)2箱セット錠剤のサムネイル
内容量
1箱に10錠 ×  2箱
製薬会社
ヒーリングファーマ
発送国
シンガポール
口コミ
0
評価
3点★★★☆☆
5%還元245ポイント
通常5,960円
販売価格4,917円
数量

こちらはバルクロビル500mgの2箱セット商品になります。
ヘルペスウイルスの治療、再発に備えておきたい方はこちらを購入しましょう。

バルクロビル500mgは抗ヘルペスウイルス薬であるバルトレックス錠500のジェネリック医薬品です。主成分としてバラシクロビル塩酸塩を含んでおり先発品のバルトレックスと同等の効果が期待できます。

バルクロビル500mgはジェネリック医薬品のため、先発品のバルトレックス錠500と比べて割安価格で購入することが可能です。また、バラシクロビル塩酸塩の製剤は先発品・後発品ともに日本では医師の処方箋がないと手に入りませんが、個人輸入を利用すれば手軽に入手することが可能となります。

まとめ買い割引

まとめ買いで大幅割引
  通常価格 販売価格   1錠 1箱
2,980円
カゴへ
298円 2,980円
バルクロビル500mg(バルトレックスジェネリック)2箱セット
2箱セット
5,960円 4,917円
カゴへ
245円 2,458円
8,940円 6,750円
カゴへ
225円 2,250円
14,900円 10,300円
カゴへ
206円 2,060円
20,860円 13,961円
カゴへ
199円 1,994円

バルクロビル500mg(バルトレックスジェネリック)2箱セットの効果効能

単純疱疹(性器ヘルペス・口唇ヘルペス)や帯状疱疹はヘルペスウイルスによって引き起こされる感染症です。ウイルスが皮膚や粘膜で増殖して悪さをすると発疹や水ぶくれが現れ、ピリピリとした痛みを感じます。
経口で服用されたバルクロビル500mgは、体内で活性代謝物のアシクロビルに変換され、ヘルペスウイルスが感染した細胞のみを選んで攻撃し、ウイルスの増殖を抑えることで、単純疱疹や帯状疱疹を治療します。

バルクロビル500mg(バルトレックスジェネリック)2箱セットの主成分・有効成分

バラシクロビル(Valaciclovir)

バルクロビル500mg(バルトレックスジェネリック)2箱セットの使用方法

【単純疱疹(性器・口唇ヘルペス)の場合】
1回1錠を1日2回、水と一緒に服用します。服用するタイミングは食事の前でも後でもかまいません。

【帯状疱疹の場合】
1回2錠を1日3回、水と一緒に服用します。服用するタイミングは食事の前でも後でもかまいません。

ヘルペスウイルスをきちんと退治するために決められた期間、規則正しく服用することがポイントです。飲み忘れに気がついた場合はその時点で1回分を服用しますが、次の服用時間が近い場合は忘れた分については服用しないでください。

また、このお薬はヘルペスウイルスの増殖を抑える目的で服用するため、できるだけ早めに服用を開始することをお勧めします。

バルクロビル500mg(バルトレックスジェネリック)2箱セットの副作用

バルクロビルの副作用は、他のヘルペス薬と比べ少ない方ではありますが、辛いと感じた時や違和感を覚えた時には医師や薬剤師に相談して下さい。
バルクロビルを服用した際に表れる可能性のある副作用は以下の通りです。

・頭痛
・眠気等の意識低下
・嘔気、下痢、腹痛
・腹部不快感
・肝機能検査値上昇
・BUN上昇、クレアチニン上昇

バルクロビル500mg(バルトレックスジェネリック)2箱セットの使用上の注意

・バルクロビル500mgは、発病してからすぐに服用するほど高い効果が得られるので、できるだけ早めに服用を開始してください。目安として、ヘルペスの治療では皮膚に湿疹ができてから5日以内に服用し始めると良いでしょう。
・単純疱疹の方では、バルクロビル500mgを5日間使用しても改善の様子が無ければ、医師に相談してください。ただし、初めて性器ヘルペスを発症した場合は、重症化することがあるため10日間まで服用することができます。
・帯状疱疹の方では、バルクロビル500mgを7日間使用しても改善の様子が無ければ、医師に相談してください。
・腎臓に障害のある方や高齢者の方がバルクロビル500mgを服用する場合は特に注意が必要になるので事前に医師に相談してください。
・服用中は適宜水分を補給するようにしてください。
・意識障害等が現れることがあるので、服用中に自動車の運転や危険を伴う機械の操作をする場合は十分に注意してください。また、腎臓に障害のある方が服用する場合は特にこうした副作用が現れやすくなるので気を付けてください。

バルクロビル500mg(バルトレックスジェネリック)2箱セットの併用注意・禁忌

・以下のお薬と併用する場合は互いのお薬に影響を与える恐れがあるため注意が必要です。
◆プロベネシド
尿酸排泄促進薬のプロベネシドはアシクロビル(バルクロビル500mgの活性代謝物)を尿細管に分泌するOAT1およびMATE1と呼ばれるトランスポーターの働きを阻害することで、アシクロビルの腎排泄を抑制します。これにより、アシクロビルの平均血漿中濃度曲線下面積(AUC)が増加して作用が増強することが報告されています。
◆シメチジン
制酸剤のシメチジンはアシクロビル(バルクロビル500mgの活性代謝物)を尿細管に分泌するOAT1、MATE1、およびMATE2-Kと呼ばれるトランスポーターの働きを阻害することで、アシクロビルの腎排泄を抑制します。これにより、アシクロビルのAUCが増加して作用が増強することが報告されています。
◆ミコフェノール酸モフェチル
免疫抑制剤のミコフェノール酸モフェチルとバルクロビル500mgの両者が互いの尿細管分泌を阻害するため、これらの薬を併用することで、両方の薬の腎排泄が抑制されて作用が増強することが報告されています。
◆テオフィリン
アシクロビル(バルクロビル500mgの活性代謝物)が気管支拡張薬のテオフィリンの代謝を阻害してテオフィリンの血中濃度を上昇させることで、テオフィリンの中毒症状である頭痛、不眠、嘔吐、興奮、動悸などが現れる可能性があります。高齢者など腎機能低下の可能性が高い方はこうした症状が現れやすくなるので特に注意が必要となります。

口コミ評判の新着一覧

現在、口コミ評判の書き込みはありません。

LINE@お得な情報をお届け!
コンビニ決済で後払い
電話注文も承っております 050-3187-9446 受付:平日11時~18時(土日祝除く)
オススメ特集一覧

昨日から現在までの注文数

1
8
3
4
112.41 円(1US$)

最近チェックした商品

商品メニュー