医薬品の通販(個人輸入代行)なら、『あんしん通販薬局』

プレマリン0.625mg

写真に関する注意事項

写真はイメージです。製薬会社の都合により、実際に届く商品とイメージ(パッケージデザイン等)が異なる場合が御座います。 また、シートごとや小分け包装でのお届けとなる場合がありますので予めご了承下さい。 薬効・品質に差異はございませんのでご安心下さい。

  • プレマリン0.625mg錠剤のサムネイル
  • プレマリン0.625mg開封のサムネイル
  • プレマリン0.625mgPTP包装表のサムネイル
  • プレマリン0.625mgPTP包装裏のサムネイル
  • プレマリン0.625mg錠剤のサムネイル
内容量
1箱に28錠 ×  1箱
製薬会社
ファイザー
発送国
シンガポール
口コミ
4
評価
3.3点★★★☆☆
5%還元149ポイント
販売価格2,980円
在庫切れ

プレマリン0.625mgは、主に更年期障害治療に使用されるホルモン補充薬です。
更年期障害には個人差がありますが、イライラや不眠、動機やめまい、ほてり、のぼせ、発汗、うつ、高脂血症や骨粗鬆症など様々な症状が表れます。
プレマリン0.625mgには、これらの症状を緩和させる医薬品です。結合型エストロゲンという天然型の卵胞ホルモンが含まれており、体内に取り込むと活性エストラジオールに変化し、卵胞ホルモンの欠乏、閉経後に起きやすい急速なホルモンバランスの低下などを改善します。
この働きにより女性ホルモンの減少によって引き起こされる症状に働きかけます。
なお、プレマリン0.625mgは内服薬となっているので、無理なく取り入れることができます。
特に、のぼせや発汗など血管に関係する症状に対して効果が高いといわれているので、更年期障害の症状の中でも特にこれらの不調にお悩みの方は、ぜひプレマリン0.625mgをご利用ください。

まとめ買い割引

まとめ買いで大幅割引
  通常価格 販売価格   1錠 1箱
プレマリン0.625mg
単品
2,980円 在庫切れ 106円 2,980円
5,960円 4,917円 在庫切れ 87円 2,458円
8,940円 6,750円 在庫切れ 80円 2,250円
14,900円 10,300円 在庫切れ 73円 2,060円
20,860円 13,961円 在庫切れ 71円 1,994円

プレマリン0.625mgの効果効能

プレマリン0.625mgは、更年期障害で起きることが多いめまい、頭痛、冷え、動悸、イライラなどの不快な症状の改善に効果がある経口用の卵胞ホルモン薬(エストロゲン薬)です。結合型エストロゲンとも言われ、たくさんの種類がある女性ホルモンの中でも体調を整えるために主な働きをするエストロゲンを補充する医薬品です。更年期には卵巣の機能が低下することで、身体のバランスを保っていた女性ホルモンが減少します。それにより様々な症状が出現し、ひどい時には日常生活が満足に送れなくなることもあります。その症状を改善するため、女性ホルモンを補充する必要があります。
プレマリン0.625mgは、女性ホルモンが原因で起きる症状に効果があり、閉経前後に少量服用することでのぼせや発汗、膣の乾燥感、尿失禁などの症状や、卵巣欠落症状の改善に役立ちます。
治療目的や現在の症状、既往症などにより服用方法が異なるため、医師ときちんと相談して服用することが重要です。

プレマリン0.625mgの主成分・有効成分

結合型エストロゲン(Conjugated Estrogens)

プレマリン0.625mgの使用方法

プレマリン0.625mg は、卵巣欠落症状、卵巣機能不全症、更年期障害通常、卵巣機能不全症、更年期障害、腟炎、機能性子宮出血などに対して用います。通常成人1日0.625~1.25mg(1~2錠)、腟炎および機能性子宮出血には0.625~3.75mg(1~6錠)を服用します。なお、疾患や年齢・症状によって適宜増減されますので、必ず指示された用法、用量を守ってください。
飲み忘れた場合は、気づいたときに1回分を服用します。ただし、次に服用する時間が近い場合は、飲み忘れた分は服用せずに次の服用時に1回分を服用するようにします。2回分を一度に服用してはいけません。誤って多く飲んでしまったときは、医師や薬剤師に相談します。また、使用の開始および中止については医師に相談するようにしましょう。

関連商品

プレマリン0.625mgの副作用

プレマリン0.625mgは、卵胞ホルモンと呼ばれる女性ホルモンの一種の薬であり、子宮内膜症の治療などに用いられます。プレマリン0.625mgの副作用として最も出やすいものは、黄体ホルモンを含む薬全般に当てはまることですが「悪心・嘔吐」です。
プレマリン0.625mgの服用は疑似的な妊娠状態を作りだすため、いわゆる「つわり」に近い状態が引き起こされることになります。つわりと同様に個人差が大きく、症状のあるなしやその程度は人により大きく、場合によっては服用を続けられないということもあります。
通常は服用を継続した場合には軽減または消失すると言われており、初期の段階で症状が強くなければそのまま服用する場合が多いと言えます。

プレマリン0.625mgの使用上の注意

プレマリン0.625mgとは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と呼ばれる女性ホルモンを補充することによって、膣炎や更年期障害、機能性子宮出血や卵巣機能不全症、卵巣欠落症状などといった、女性特有の様々な症状を改善するお薬です。
用法用量としては、通常成人女性は1日に1錠~2錠を服用してください。もし飲み忘れた際は2錠分を一度に飲むのではなく、1回につき1錠を原則としてください。
また、膣炎や機能性子宮出血などには1日1錠~6錠を服用してください。
年齢や症状により量は適宜増減しますので医師に相談してから服用するようにしてください。
使用上の注意としては、発疹などといったアレルギー症状が出た際は、速やかに使用を中止して、医師の診断を受けてください。また妊娠している場合、その可能性がある場合は服用しないでください。

プレマリン0.625mgの併用注意・禁忌

プレマリン0.625mgは卵胞ホルモン(エストロゲン)補充薬です。
このホルモン剤の併用注意・禁忌とその理由は色々とありますので使用時には医師に相談するようにしてください。
かゆみや湿疹等のアレルギーになった事のある方は症状の再発になる恐れがありますので注意してください。
乳癌や子宮系関連の疾患に疑いがある方、妊娠中や妊娠の疑いがある方、授乳中の方でホルモン剤を使用しなければならい等の理由で身体にそれに絡んだ不調がおきる恐れがある事が挙げられます。
血液絡みの疾患や成人病も何らかの問題や病気の悪化が起きる可能性があります。
寝たきりや、てんかんになった事があったり片頭痛持ちの方も注意で医師の指示が必要です。
また、サプリメントの併用をする場合も相談しないと問題が起きる事があるので注意です。
服用にあたって医師の指示無しで勝手に自己判断で飲む事は禁忌とされています。

口コミ評判の新着一覧

  • プレマリン0.625
    ★★★★☆2018-05-1620代

    これから、リピーターになる。体がポカポカして来てる!プレマリンはホルモンのバランスを整えるからいい感じです!

    0人が参考になったと回答しています

  • 投稿イメージアイコン
    太ったけど、、、
    ★★★☆☆2018-01-1240代

    少し神経で、生理が止まっていて肌なんかボロボロでしたが、少し今は張りすぎてますが、良くなり又今は生理が来るように、なりました。

    2人が参考になったと回答しています

  • 投稿イメージアイコン
    かなり助かりました!
    ★★★★★2017-06-28

    排卵期がきちんと来ずに困ってました。ネットで探していたところプレマリンを発見したので購入。 きちんと排卵がくるようになったので、とても助かりました。

    0人が参考になったと回答しています

  • 投稿イメージアイコン
    骨粗鬆症に良いです
    ★★★★★2017-02-10

    先月ちょっと転んだだけなのに膝にひびが入ってしまいました。昔はそんな事ちっともなかったのでびっくりしましたよ。ドクターいわく加齢で骨粗鬆症が始まってきているとの事。3ヵ月ぐらいは病院で処方されたプレマリンを飲んでいましたが、通院が大変なのともっと医療費を節約したいという思いから、今回初めてネット注文しました。7日で受け取りました。中身は正真正銘の本物の薬です。骨については分かりませんが、飲み始めてからのぼせや発汗症状がおさまってきました。気持ちも前向きになってきました。

    3人が参考になったと回答しています

コンビニ決済で後払い
電話注文も承っております 050-3187-9446 受付:平日11時~18時(土日祝除く)
オススメ特集一覧

昨日から現在までの注文数

1
2
6
4
112.44 円(1US$)

最近チェックした商品

  • プレマリン0.625mg
  • 閲覧履歴はまだありません。
  • 閲覧履歴はまだありません。
  • 閲覧履歴はまだありません。

履歴から、あなたにオススメの商品

商品メニュー